2015年02月06日

〜アカデミー1日目〜 (その2)

昨日の1日目のアカデミーの様子を写真いただいたので、追加の記録。

DogHouseで最初にやったのは、バックヤードの自分の出入りと犬の出し入れ。
中央のフェンスから、まずは私が出入り。(犬たちは勝手に行き来しないように。)




そして、次は、「○○だけを向こう側へ」などの指定の犬だけを行き来させる。
(写真はワンタンを奥へ移動させた時の物)


なんとか、自分や犬たちの行き来はできたけれども・・・
こうやって写真見てると、「できればいいや」的な感じがよく出ちゃってるたらーっ(汗)
これじゃぁ、ただ隙間から「お邪魔しま〜す」「お邪魔しました〜」ってな感じだった。
もっとスペースの主張をして、堂々と出入りしないと(させないと)ダメね。

午後のシェルター見学の後、再び、バックヤードに戻る。

今度はマスミさんもおりますexclamation
「バンちゃん捕まえて一緒に歩いてみて〜」の指示。
 「バンちゃんかぁバッド(下向き矢印)
私を怪しみ逃げ惑うバンちゃん。距離が縮まらねー。

そんでも、「もうちょっと勘弁〜」って座り込んだので、「そこでちょい待ってて!」と近づき捕獲!

ちょいと一緒に歩いてみる。マセに頼りたいバンちゃんの意識は家の方にありまして。

そんな様子をしっかりチェック目のマスミさんわーい(嬉しい顔)

最後は、バンちゃん、やっとマセ君と合流できて一安心exclamation&question
でも私が近くにいるから「ボーボー」文句言ってた^^;


お次は、室内に入り、ちびっこワラワラいる所で、1頭ずつにおやつ。
ワラワラ集まるリリー・シェルダン・キング・ジュリエット

あげられなくはないが、食器持つ手に皆さん集中。


ここで、マスミさんのお手本ひらめき
こうやって集まってくる連中を・・・

散らすexclamation×2
「ここはあたしの空間!食器もあたしのもんじゃい!!」
って主張が大事exclamation×2



と、お手本いただき、再挑戦exclamation×2 の前に、難易度上がって 空気読めないウザいヤツ「ワンタン」も投入!
なかなかコレクションの効かないヤツでして・・・うざかった〜。
でもなんとか終了。


続きまして〜、「ジュリエットに伏せさせてみ〜」とのご指示。
ビビりんちょのジュリさん、耳は後ろだし、シッポしまい込んで見えませ〜んふらふら

こんな状態から私がさらにジュリの心を閉ざすようなことを2度ほどバッド(下向き矢印)
「あーぁー、やっちゃったんちゃう?」とマスミさん。
ここで再びお手本。
ビビってシッポ巻いてる状態からのアゲアゲにも苦戦している中、
マスミさんは私がさらに落としめたジュリのサゲサゲの心を一気に上げたグッド(上向き矢印)

行動のハンドルは心のハンドルからが大事ってことだわね。
再挑戦exclamation×2
この変化、マジで嬉しいるんるん
耳は前に、シッポも出てリラックス、目も活き活きとぴかぴか(新しい)


最後は、Feeding。
普段は、事故が無いように、それぞれハウスだったり別室だったり、結構な距離をとってエサやりしてましたが・・・やってしまえば、「みんな一緒に」のごはんの方が楽っちゃ楽ね!
そんな話をマスミさんとして、1日目終了。



マセ君のお腹、気持ちいいるんるんるんるん 


今までの生活(仕事)の中で、「安全に(無事に)できれば良い」っていうのが体に染みついてしまっていると実感。
自分が多少我慢したり、無理しても、「安全に」を最優先にしてきたので・・・
もちろん今後も「安全」は最優先だけども、自分も我慢したり無理したりせずに
やれる方法があるじゃん!それが1番安全じゃん!!ってことに気付いたのでした。

posted by ☆ミユキ☆ at 12:33| Comment(0) | 海外研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]