2015年02月06日

〜アカデミー2日目〜

今日は、リョーコさんがお迎えに来てくださいました!
アカデミーへの参加の問合せ時から、ずっとやりとりして下さったのが、
同じ佐倉市出身のリョーコさん。
今日やっとお会いできまして、地元話も盛り上がる揺れるハート

早速、昨日とは別のシェルターへ見学!・・・に行ったけど、
OPENはお昼から、ってことで、一旦DogHouseに戻る^^;
が、その前に、通り道にあったDayCareに寄っていただき、見学。

店員さんは、親切に色々説明してくれて、ゆっくりめの英語だったんで、だいぶ分かったわーい(嬉しい顔)
常時85〜100頭超えの犬がいるそうです。
すげ〜!と感心しつつも、ちょいちょい犬同士の「やばそう」な場面もありつつ、
こういう預かり方は怖い、と思ったのでした。

でも、見てるだけなら・・・My Favouriteのデーンが3頭(フォーン・ブラック・ブリンドル)もいて、
内心かなりのヨダレもんでしたわわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

ブラックとブリンドルはマジで美しかったかわいい
フォーンは年なのか?胸にいくつもぼこぼこと腫瘍っぽいのが見えました。(元気だったけど)

一旦DogHouseに戻ってきたら、
「出たぁーexclamation×2ハンサムBoy ハマーがソファにわーい(嬉しい顔)

「かわえぇなぁ黒ハート

庭ではマセ&バンバンが笑顔だったぴかぴか(新しい)


午後に予定していた座学を先にやって、Lunchして、
午後にシェルター再訪問。
犬舎に入って最初に目に入ったのがロット。好きな犬種は即目に入る。

そして、帰る時も、まだ後ろ髪ひかれる・・・「幸せになっておくれ手(パー)

マスミさんは、シェパ・ドベ・ロットは好んで引き出しはしないと言ってましたが(笑)・・・
(確かに私も、譲渡の対象としては、引出しは避けるかと思いますが、)
自分で飼うなら↑の子、引き出しちゃうかも〜手(チョキ)
(仕事で犬がとっかえひっかえ来る今のスタイルでは疲れるんで飼わないけど、
でもいつかデーン・ロットは飼いたい。)

あとは、このピット系「Jade」は気に入ったなぁ〜。
避妊済み、1歳くらい、放浪による捕獲 です。



まだ若くて、エネルギッシュだけど、激しすぎる感じじゃぁなく、懐こかったので、
譲渡向きかなって思いました。
こういうの見るのもかなり自分の好みが入って見ちゃいますな^^;ブリンドル最高ッスグッド(上向き矢印)
人に/犬にドミナントかサミッシブか、分かりやすいのもいたけど、良く分からん奴も多かったですたらーっ(汗)
ちょっとした仕草や、犬の様子をもっともっと見逃さないようにしなくちゃ、です。

シェルターから戻ってきて、マスミさんと、シェルターで撮った動画を見てのお話や、
今の私の仕事の事、マスミさんとリョーコさん達の出会いの事など、
たっくさんお話できて胸がいっぱいですexclamation×2
私、考える前に反射的に体が動いちゃってる。 
・・・けど、「今どうしてそう動いたか?」を誰かに伝えられるように
自分の考えや経験を整理しなきゃならない! これが今後の課題。
って言うような濃い〜内容のお話ができましたひらめき


マセ君、しっかりカメラ目線カメラ


ハマちゃんの目の周り、かさぶた。
例の手羽先事件で負ったもんじゃね?って話してるとこ。


その後、トレーニングカラーの使い方(バイブと電気の使い分けなど)の詳細を教えていただき、
ワンタンに装着。


「Come!」の練習。
ほーほー、なるほどひらめきと、
今まで疑問に思ってたことやこういう時はどうしたら?って言うのもスッとしました手(チョキ)

帰ったら、早速、試してみよう♪と思うワンコがあの子やこの子(笑)
今度こそ、しっかり伝えてあげられる!気がする。

今日は、お外でFeeding。
5頭いる中で、ゼニーとワンタンとジュリエットの3頭にごはんです。
(ジュリエット写ってないけど、いますよ。)



本日は、これにて終了。
最後は、マセ&ハマーの2ショット晴れ ハマーの笑顔がたまりません黒ハート
(この笑顔、ハマーは「やっと帰れまっか??」って安堵の表情です。)


明日は、Luckyなことに、マスミさんのプライベートセッションに同行できまするんるん
明日も楽しみ晴れ




どーでもいいけど、
昨日やってたドラマは、Mentalistシーズン7とCriminalMindシーズン?と
ChicagoFireシーズン3(このドラマは初めて見た)を見ました。
ブログ書きながらであんまり良く見てなかったけど。
今夜はこれから風呂入って、Elementary見て寝ます。
posted by ☆ミユキ☆ at 14:38| Comment(0) | 海外研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]