2015年02月15日

ヨセミテ国立公園 1日観光

2月9日、アカデミー最終日の夜、ユウコさんに空港まで送っていただき、
国内線でLAX(ロサンゼルス)⇒SFO(サンフランシスコ)に移動。

ここからは、完全一人旅。
サンフランシスコのホテルに無事に到着するまでは、アカデミーより緊張しましたあせあせ(飛び散る汗)

21:00発の飛行機で、遅れも無しの状態でしたが、
ゲート前で待っても待っても搭乗手続きが始まらずめっちゃ焦りましたふらふら
もしかして何かアナウンスがあったのに気付かずに乗り過ごしちゃってるんじゃ??
と、心配になり、ゲートの受け付けの人に聞いたら、「ちょっと遅れてるんだよ」との事。
結局、21:15から搭乗開始で21:40頃出発 となりました。
んで、23時頃にサンフランシスコに着き、
ホテルの無料シャトルがタイミング良く来たので、バスに乗って10分でホテルに到着〜ビル
2晩寝るだけなので、1泊$50ちょっとの安さ重視!!

Wi-fiはありましたが、結局繋がらず、2日間ネット接続できませんでした(>_<)

翌朝は5時起床!
ヨセミテ国立公園 1日観光 です!
HISが1番安く、予約の問合せにも親切な回答をしてくれました黒ハート

普段、一人でシッターをやってますもんで、年中無休ですし、旅行なんてできませんから、
せっかくなんで、丸1日「犬」のいない生活を送ろう!とヨセミテを選びました。

↓こ〜んな場所を堪能してきましたハートたち(複数ハート)


サンフランシスコ市街の主要ホテルが集合場所なので、
宿泊ホテルから、無料シャトルで空港へ行き ⇒ 
⇒空港で朝食食べて、Bart(電車)に乗ること30分。
7時頃集合ホテルに到着ひらめき

この日は、私を入れて4名(全員女子!)で観光スタートexclamation
 (3名は大学生や社会人になって間もない人たち。で、ヒルトン泊まってるってすげ〜な目

ガイドさんは「クマさん」というおじさんわーい(嬉しい顔)
 利用者のレビューで、とても人気(好評判)だった方ぴかぴか(新しい) 内心「ラッキーるんるん」と楽しみになりました。

ヨセミテ国立公園までは、車で5時間ほどかかります。
道中も景色が良くて、クマさんの話も楽しかったですかわいい

緑が多くて、アーモンド畑やプルーン畑などもたくさん。

野生の鹿や放牧されてる牛や馬もたくさん見かけました


ヨセミテの入り口。
「日本のように、「ようこそ!」みたいなでっかい看板はないからすぐ通り過ぎるよ!カメラ構えて!!」
とクマさん。
ホントに小っちゃい看板で、車なのであっという間に通過車(セダン)
でも、通過前に見事にGETの1枚左斜め下


ここ何年も暖冬であまり雪が降らず、今年もほとんど雪がないそうです。
ですが、運よく、この日の前日、前々日と雨が降ったとの事で、川ができ、滝も見る事ができましたぴかぴか(新しい)
(本来、冬は雪景色だし、滝は水が氷るので流れてもチョロチョロ程度だそうです)
が、観光当日は見事な滝!




野生のコヨーテもすぐ近くまで来ました!


壮大な公園内を1日で観光なんて、ほんのわずかな部分しか見れないわけですが・・・
これがほんの一部だなんて、自然ってすごい!






川に映った景色も綺麗でしょ〜。MercedRiverと奥の山がHalfDome


豪快なヨセミテ滝! このふもとまで行って滝の水しぶきを浴びてきました霧
滝が三段になっていて、てっぺんから下まで約740m


↑これらは春に見られる滝の様子なんだって!


ぐるっと一回りしても見渡す限りの壮大な自然。 ずっといても飽きないくらいです。

※最後にちょろっと映ったのが、ガイドのクマさんです^^

1000m超えの巨大な壁。 El Capitan。
毎年夏にはたくさんの人が何日もかけてクライミングするところ。

肉眼では、人がいてもまず見えません!双眼鏡でも点くらい。
望遠鏡で見なきゃクライマーは見えないんだって。
夜ならクライマーのテントの光は肉眼でも確認できるらしいけど。崖にテントって想像つかん!

滞在時間は3時間程度でしたが、とても良いリフレッシュになりました

ヨセミテへの観光客は夏の方が圧倒的に多いそうですが、夏だと花も川も滝も枯れてるので、
「滝は?」ってよく聞かれるそうです(笑)
皆さん、行くなら春休みくらいが1番良いみたいですよ手(チョキ)
2月だし、寒くて雪景色なのかなぁって想像してましたが・・・
青々とした緑ー(長音記号2)豪快な滝ー(長音記号2)咲き初めの花々ー(長音記号2) 春の景色を堪能でき素晴らしい1日でしたかわいい

夜7時頃に市街に戻り、また電車とバスでホテルまで戻ってきました。
空港でバスを待ってる間、気の良いおじさん(おじーさん)が話しかけてきてくれて、
いろいろおしゃべり黒ハート楽しかったかわいい
ハワイに住んでて、日本にも何度も来たことがあるんだってことで、会話も弾むexclamation&question
アメリカへ来て一番英語しゃべった10分間でした。
(私、英語聞けてもあんまりしゃべれないんですが、今回の旅ではまぁまぁ会話が成り立ったような気がする。
7年前にNYへドッグウォーカーの仕事を見学に行った時は、
ニューヨーカーさんは早口だし結構無愛想な人が多くて何言ってるか分かんないし、
こっちが言ってることもなかなか通じないしで怖かったんですよね

2月11日 午前中に SFO⇒LAX で、一旦ロスに戻ってきて乗り換えて
さよなら、Los Angels飛行機

LAX⇒NRT で12日18時半頃成田に到着。
母に迎えに来てもら、そのまま、お客さんワンコのお世話に向かい、ようやく我が家。

ちょっと大人の落ち着きが出た!? 旭。
 私への依存が大きかったので今回の留守は旭の成長にも良かったみたい。


甘え度が増したような? 炎



いつもクールで、普段と変わらん 氷河


結局最後まで世話に来ていた母を避けまくっていた でら
私が帰宅後も、しばらく警戒して私を避けてましたが、寝るころにはいつもの感じに戻りました。


うちの子らに再会し、現実へと引き戻されたのでした〜。


今回のアカデミーでの経験は仕事としてのスキルアップだけでなく、
MASUMIさんやLAスタッフさんのブログから、私のブログへお越しくださり、
今後の活動に興味を持ってくださった方へ、MASUMIメソッドの学びの場としての
提供ができるように考えおります。
ちょっと先になってしまいますが、4月以降に本格始動を目指して、
とりあえず、予定しているシッターの仕事のリニューアルを4月までに終えたいと思います!

お問合せなどはいつでも受け付けておりますので、お気軽にどうぞ♪
犬の仕事や保護に携わっている人も、そうでない人も、
普段なかなか経験できないDogHouseやうちのような「出入りの多いパック」での
犬の見方や遊び方、パックウォークなどを体験したい方に、
見学・〇日体験などなどで、体験していただけるような、形を考え中です。
(うちのパックは、DogHouseとは違って、闘犬はほとんどおりませんがね)

「保護などに携わりたいけど、家でどうやって預かれば?」
「自分のペット以外との多頭生活は何を注意すべきか?」
「小型犬(大型犬)は飼ったことがあるけど大型犬(小型犬)は勝手がわからない」
「うちの子をパックに入れてみたい」
「LAアカデミー行ってみたいけど、その前にちょっとパック生活体験してみたい」
「LAには行けないけど、パック生活体験してみたい」
とか?
そういう人の経験を増やせる場所としてお役に立てたらと思っておりますexclamation×2
具体的なものはこれからですが、ご興味ある方は、いつでもご連絡下さいましわーい(嬉しい顔)

http://www.osanpo-narita.com/の問合せフォーム
または、lucy_snowyuki★yahoo.co.jp (★=@)まで
(ヤフーメールは捨てアドレスなので、メールいただいたら、本アドレスから返信いたします)
posted by ☆ミユキ☆ at 13:02| Comment(0) | 海外研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]