2015年04月19日

【急募】繁殖犬たちの引取先探しています!

千葉県内の、ペットショップ兼ブリーダー倒産により、繁殖犬達の里親さんを探していますexclamation×2

我が家にいる、くじらやローレンの命を繋いでくれたボラさんからメールが来たのは先週の事。

そして、数日前に複数のボラさんや保護団体が現地入りし犬達を引き出してくれています。

記事はこちら soon 『【急募】繁殖犬たちの引取先探しています!』

(写真は、↑のブログからお借りしました)


是非、ショップやブリーダーの実態を見てください!!

普段ペットショップで売られている仔犬たちの親犬がどういう環境にいるか知ってください!!

すべてのショップやブリーダーがこういう「悪」ばかりではないけれど、

こういう悲惨な環境で、悲惨な扱いをしているんです。

是非こちらの記事も soon 『【拡散希望】ペットショップ兼ブリーダー崩壊』
↑どんなにムカつくブリーダーか、よーく分かる!!

(写真は、↑のブログからお借りしました)


金儲けの為に生ませるだけ生ませて、ろくに水も与えない、お手入れもしない、

満足いくゴハンも与えない、散歩もしない、日の当たる環境にさえない、

こんな命を命として扱ってない奴らがいっぱいいるんですexclamation

ガリガリに痩せて、病気も放置され、毛艶も無い、何の楽しみも与えられずに

10年以上生きてきた子たちもたくさんいる。

ショップで仔犬を見る時・買う時、

その仔犬たちの親がどんな悲惨な生活を強いられているか考えてください。

きっとショップの社員や店員ですら、こういう現場で犬が繁殖されていることを知らずに

仔犬の世話をしている人たちが大半だと思う。

動物で自分たちの生活が成り立っているのなら、もっと動物を大切にすべき!!

↑のブログで引取先が決まっている子たちも、ほとんど全頭が預かりボラさんの元に
移動しているので、里親さんが決まっているわけではありません。
写真に載ってる子達で、「家族として迎えたい」「会ってみたい」という子がいましたら、
是非声をかけてください。直接ブログの持ち主さんへ連絡取ってもOKですし、
私に連絡いただいても構いません。
この子たちの残りの犬生、ちゃんと「ペット」としての幸せを感じてもらいたいです。
よろしくお願いいたします。



私は、この仕事を始める前、数ヶ月だけですが、あるショップが輸入する子犬の検疫期間中のお世話(バイトで)をしたことがあります。
(輸入された子犬は成田空港の動物検疫所で45日間検疫です)
まだ輸入規制がされる前の事でしたので、生後2か月ほどの子犬(狂犬病を打ってないか打った直後に輸入してた)をタイかどこかのパピーミル(子犬繁殖工場)から100頭近く大量に買うんです。
生後間もない子犬を空輸するわけで、日本に到着した時点で、30〜50頭は命尽きてます。
生き残った子たちもワクチン打ってないから45日の検疫中に弱って命尽きます。
100頭仕入れて無事に検疫終わって出られるのは20頭いれば良い方。
そういう試練を乗り切った子犬が店頭に並んでいたわけです。
もう12年くらい前の事ですけど。
会社(ショップ)の人は、「ひと山○○円で買うんだよ」っていう言い方。
○頭じゃないんだよ!ひと山だよ!野菜じゃねーんだよ!(怒)
ひと山買って、生き残った頭数が多かったらラッキーって感じなのだと思う。
こんなシステムだって知らなかったから、相当滅入ったバイトでした。
(検疫所で、可愛い子犬のお世話を〜、みたいなバイト募集だった気がする)
どんなに一生懸命子犬たちの世話をしても、入国した時点で弱ってるんだし、
獣医でもないからやれる事は限られる。
ショップの裏事情を見たわけです。
それまでもショップは嫌いだったけれど、このバイト以降、
私は今でもペットショップの子犬販売のブースは直視できません。
息ができなくなるほど苦しくなるから。

むやみやたらと「可愛い」だけで子犬を買わないで!!!
ショップで購入する人がまだまだ多いから、悪徳ブリーダーも後を絶たないのです。
ですがもし子犬を買うなら、その子犬が産まれてから(お腹にいる時から)買われるまでにどれだけの犠牲があったかよーく考えて欲しい。そして、犠牲になってる子たちの分まで幸せにしてほしい。
「幸せにする」というのは甘やかすことじゃなく、誰からも受け入れられるマナーの良い子に育てること。

純血種が欲しければ、きちんと両親犬を見せてくれるブリーダーの元で買ってください。
両親犬に会わせてくれるブリーダーや、施設を見せてくれるブリーダーなら、優良(またはそんなに悪くない)です。
ブリーダーに限らず、ショップやホテルやトリミングとかも同じ。
ペットをお世話している様子を見せてくれる所なら劣悪な環境ではないはず。
うちも同じ。
ホテル希望の飼い主さんには見学に来てもらって家の中まで見てもらってますし、
お迎え時には外からワンコ達の過ごしている様子も見てもらえます。
最近はパック研修でもうちに来てもらって私が犬達に接している様子も見てもらってます。
人目を避ける施設は危険です!!
ご自身の大切なペットを守れるのはあなた自身!!
posted by ☆ミユキ☆ at 11:18| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]