2016年05月02日

夜月の目

夜月を迎えて半年が経ちました。
我が家に来た日、夜月の目(白目)は真っ赤に充血してたんですよ。
興奮や緊張のせいもあるだろうし、犬種的にこんなもんなのか??
と思いつつ様子見てて、1,2ヶ月かけて真っ赤⇒多少赤いくらいに変わった。
その後はその状態をキープで、興奮が高まるとまたかなり赤くなる感じ。
なので、夜月の白目が白い状態を1度も見たことが無いのだ。
ま、ブル系やキャバ、シーズーなどマズルが短めの犬や出目系の犬は白目が真っ白な子は少ないし・・・
ロットも微妙に短吻で微妙に出目だし^^;

あと、微妙に濁りもある気がして(常に濁ってるという訳でもないのだけど)、
いつも夜月の目は気にして見ていました。
(一応、病院へ行くたびに「気になる」ってことは伝えてみてもらってましたが、
特に炎症もなく、目薬付けても変化はなく、経過観察してました)

そして3月終わりころ、夜月の左目の中央に目視できる小さくて薄い白濁が出始めた。
何だろう?と思いつつ、1週間ほどで直径2mmくらいの白い円になり病院へ。
↓(3/30)病院へ行く前に撮った写真。
DSCF3353.JPG

DSCF3354.JPG

病院行って、傷があるかの検査は陰性だったので、傷ではない。
角膜の白濁で考えられるのは脂質沈着だそうで、
(コレステロール値高いと角膜に沈着するんだって)
しばらく様子見。
抗炎症の目薬ももらったが、特に変化なし!
というか、1ヶ月で白濁は若干大きくなった。

↓(4/23)一回りくらい白濁が大きくなった。
DSCF3437.JPG

↓右目との違いがわかるね。
 (でも実は、この翌日に、右目にも下の方に小さな白濁を発見!)
DSCF3438.JPG

↓(4/25)かかりつけに来てくれる眼科専門医に診てもらう予約を取っていたので病院へ。
夜月はどこでも全然動じません♪
SN3V0320.JPG
待合室でもひっくり返って待っております(笑)
ロット大好きな看護師さんが一人いまして・・・夜月のパッカ〜ンに見惚れてました♪
SN3V0319.JPG

結果は、「角膜ジストロフィー」って遺伝病との事。
痛みはないし、視力にも影響はないし、治療法もない・・・
病名の確定はしたが、出来ることはないので放置です^^
今後白濁が広がっていくかもしれないし、このままかもしれないし。
すりガラスを通してみてる感じで鬱陶しいだろうなぁ、と
思ってしまうけど、ノー天気な夜月は気にしてないので、ま、いいか。

ただ、右目に関しては、まだ白濁が小さいし、ちょっと細長いし、
中央より下にあるし、白濁に近い位置に太めの血管(充血)があるため
同じ病気ではない可能性も無きにしも非ず。
(角膜ジストロフィーは両目に出来る事が多いそうです)
<3つの疑い>
結節性肉芽腫性上強膜炎の可能性があるらしい・・・
 漢字が並び過ぎ--;
 これも治療法は無く、他の病気を併発することないので、結局やることはなし。
・脂質沈着
・角膜ジストロフィー
こちらは経過観察中。どの病名にしろ結局なす術なしなんだけどね。

病気は病気だが、何でもなくてとりあえずは良かった!
夜月はフィラリア陽性なもんで、最初に申し込んだペット保険に入れず、
3月に別の保険に入り、まだ待機期間中だったから、
やべー病気だったらちょっと懐が心配でした^^;
あ、フィラリアの方は、この間の検査でまだ陽性だったので、
もう1クール、ビブラマイシン(抗生剤)やってみて、
半年後に再検査で陰転してたら良いな。って感じです。

っつーわけで、今後実際に夜月に会ったり、ブログで写真見たりすると、
目が濁ってますが、大丈夫っす!!
posted by ☆ミユキ☆ at 13:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こないだ確かに、「あれ、白い点がある?!」と思いました。どうしたんだろうと思ってましたが。
よづっちゃんの明るいおバカな(すいません)感じには、会うたび癒される私です(*^^*)
Posted by O.M at 2016年05月04日 07:43
>O.Mさん
そうなの、白濁が目立っちゃうのよねー。
キレイな目だからこれ以上白に覆われたくはないのだけれど。。。
よづはホントアホだからね〜。ウザいけど癒しでしょ(笑)
また来週よろしく!
Posted by ☆ミユキ☆ at 2016年05月04日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック