2020年07月01日

子猫たちの里親さん、急募です!!

※初めにお断りしておきます。
 当店では保護活動のボランティアはしておりますが、
 通常、個人からの相談による犬や猫の引き取りは行いません!!



6月に、子猫の保護の相談がありました。

『2匹のメスのノラ猫がそれぞれ5匹ずつ子猫を産んで、
 家の敷地内で子育てしていて困っている』 というもの。

合計10匹!?

とてもじゃないけど、そんなに大多数は手に負えん!!

しかし、この数を放置したら数か月後にはとんでもないことになってしまう。

なので、とりあえず現場に見に行きました。
9匹の子猫が残っていました。(1匹は生き残ることができなかったそうです)
目ヤニや鼻水が酷くて目鼻がふさがってしまってる子もいたため、急遽状態の酷い4匹を保護することに…。
うちでは猫の預かりは出来ないため、ボランティア仲間たちにも協力をしてもらい、この9匹の里親探しと親猫の不妊手術(TNR)に関わることにいたしました。

先に保護した4匹は、受診後、投薬でだいぶ症状が治まり元気になってきて、栄養状態も回復してきています。
まだ現場に5匹の子猫が残っている状態ですが、何か所かに里親募集の掲載をして、現在5匹ほど譲渡のお話を進めています。
まだ里親希望のお声の掛かっていない4匹のうち、健康状態の良い3匹をこちらでも紹介します。
※生まれは5月下旬〜6月初め頃と思われます。

白メインに茶トラ柄の男の子。(この子はまだ現場にいます)
やや痩せ気味ですが、元気です。
外暮らしをしているので多少警戒心が付いています。
写真撮るために捕まえたときは、結構怒ってもがいてましたが、落ち着いたらゴロゴロ喉を鳴らしてましたので、早く家庭に入れば天江っ子になるのではと思います。
多少目ヤニや鼻水はありますが、現場で餌やりしてる方が目薬をしてくれているので症状は改善してきてます。
8白茶.jpg

DSCF1669.JPG

DSCF16623.JPG



白メインに三毛柄の女の子。(この子は保護して室内でケアを受けています)
先週は目ヤニ鼻水が結構ありましたが、保護して点眼投薬してだいぶキレイなお顔になりました。
保護した4匹の中では1番体が大きく、6/30時点で550g。
猫用トイレでの排泄も覚えたそうです!
4白三毛2.jpg

4白三毛.jpg


ミケ猫の女の子。(この子も保護して室内でケア受けてます)
保護した4匹の中では2番目に体が小さく、目ヤニ鼻水も酷くて目が開かないくらいでしたが、点眼投薬でだいぶ改善されました!
保護後3日で体の肉付きもふっくらしました。6/30時点で430g。
まだ体は小さめですが、よく食べるので順調に成長できると思います。
DSCF1705.JPG

DSCF1686.JPG

2チビ三毛.jpg



この子たちは、猫風邪の治療と、ノミダニの駆除のみ行っています。
本来なら、健康状態が整ってからの募集が望ましいのですが、
保護する数が多くて預かり先が足りていない状況のため、
駆虫・ワクチン・ウィルス検査・マイクロチップ・不妊手術などの必要最低限の医療処置を家族として迎えてから行ってくださる里親さんを募集します。

通常は医療処置を施してからの募集のため、譲渡時に医療費の一部負担をお願いしていますが、今回は医療処置をしていただくことをお約束していただいての譲渡になりますので、譲渡時の費用負担はいただきません。
(譲渡先によってはお届け時の交通費はご負担お願いする場合があります。)

この3匹の里親希望・お問い合わせは、下記までメールください。
lucy_snowyuki@yahoo.co.jp
お名前・家族構成・お住まいの地域・先住ペットの有無など、なるべく詳細記載していただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
posted by ☆ミユキ☆ at 22:22| Comment(0) | 保護ワンにゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]